browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

『精神性を基盤とするコミュニテイ研究会(第7回)』

Posted by on 2012/05/21

2012/5/26(土)、『精神を基盤とするコミュニテイ研究会(第7回)』のお知らせをいたします。
前々回は、ヴェトナムの禅僧ティク・ナット・ハン氏の仏教共同体「プラムビレッジ」の暮らしや
精神と共同体のつながりを深める実践や、前回はダマヌール(イタリアのコミュニテイ連合体)
で昨年2ヶ月半の生活体験から、参加体験者が何もないところで共同生活を1週間体験する
ゲームオブライフやダマヌールの精神についてお話を聞きました。

今回は、たかあきさん(熊倉敬聡さん:慶応大学理工学部教授(文化実践、現代思想・芸術)から、
「プラムビレッジ」や、第2期エコビレッジ・デザイン・エデユケーションへの参加体験を通して、

・コミュニテイの暮らしにおける精神
精神的リーダーとコミュニテイの持続(変化)などについて対話しながら、
お話をお聞きしたいと思っています。
ご関心がありましたら、ぜひご参加ください!

★☆~・~~【転載・転送歓迎】~・~~★☆

精神を基盤とするコミュニテイ研究会(第7回)』

/26(土)@慶應義塾大学 日吉キャンパス

★☆~・~━~・~━~・~━~・~━~★☆

◆日時:5/26(土) 14001700
◆場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス(独立館地下1階和室)
(当日、会場に案内板あり)

◆内容
14時~14時半  研究会の主旨、自己紹介
14時半~16時半 コミュニテイと精神精神的リーダーについて~「プラムビレッジ」、
2期エコビレッジ・デザイン・エデユケーションでの体験などを通して(熊倉敬聡さん)
16時半~17時 質疑応答、今後の活動テーマ等
17時~19時  近くで交流会

◆報告者プロフィール  熊倉 敬聡さん
慶應義塾大学理工学部教授。1991 年パリ第7大学博士課程修了。
1980 年代は、フランス文学、特に「ステファヌ・マラルメの〈経済学〉」を研究。
1990年代は、コンテンポラリー・アートやダンスに関する研究・評論、企画、実践等を行う。
2000 年代は、教育現場の変革の作業を展開し、新しい学びの場「三田の家」の立ち上げ、
運営に関わる。現在は、21 世紀的精神の研究・実践に従事。
特定非営利活動法人ミラツク理事。2010年 第2期エコビレッジ・デザイン・エデユケーション(EDE)を修了。
主な著作に『汎瞑想:もう一つの生活、もう一つの文明へ』、『黒板とワイン―もう一つの学び場「三田の家」』(共著)、
『美学特殊C』、『脱芸術/脱資本主義論』、『セルフ・エデュケーション時代』(共著)、『女?日本?美?』(共著)

◆定員:15名(当日も受け付けます)

◆参加費:500+ドネーション (お茶菓子付き)

◆お申し込み・お問合せ: 「お名前」「ご所属」「当日連絡先」を記載いただき、宛先まで送付ください。

⇒宛先E-mail: etu@festa.ocn.ne.jp(林)
当日連絡:携帯:080-3390-6801 (林)

<プラム・ヴィレッジの紹介>

1982年にヴェトナムの禅僧ティク・ナット・ハン師によって南フランスに開設された、僧侶、尼僧、
一般の在家修行者たちのために開かれた仏教共同体。200人の修行者が畑での自給や
コミュニテイを大事にする教えを基に暮らし、7つの研修センターがある。

リトリート(修禅会)も開かれ、国籍や人種、言語、年齢、宗教を問わず世界中から
何千人もの参加者が滞在し訪れる。リトリートセンターは、アメリカ、ドイツなど各地に設けられている。

<研究会の主旨>

2010年に欧州のコミュニテイであるダマヌールを訪問し、「危機にある地球を持続させる
重要な手段は、コミュニテイのライフスタイルに転換し、人の精神の成長を図ること」
「長く持続するコミュニテイには物理的、精神的にも大きな目標があること」
「コミュニテイの創設前から話し合いを行い、共同体験を通じてお互いを深く知り合い信頼を
深めるプロセスが重要」と認識しました。

物質偏重の思考の中で、精神と物質は表裏一体で相互に補い合うことで、変化し継続し続ける
ことができ、新しくつくるコミュニテイを維持していくためには、精神は不可欠なものであり、
手足を動かし実践することで、個人も社会も豊かに発展できることだと思っています。

今回それら精神的なものをベースに、地域とのつながりも大事にし、精神と物質が相補い一体と
なった国内外の実例を研究しながら、日本の精神も大事にした新しいコミュニテイを探求し、
実践していく場づくりも念頭において、探求(学びや研究)する学びの場を作っていきたいと思っています。

<目的>

1)精神の探求(学び・研究、体感ワーク)
2)持続するコミュニテイの仕組みづくりと活動の実践
3)交流(情報、対話、仲間づくり・ネットワーク)
4)精神を高めるセミナーや研究

◆発起人:林悦子、佐藤ふみみ

◆協力:日本エコビレッジ推進プロジェクト(JEPP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>